神経内科Neurology

診療科概要

 神経内科では、脳や脊髄、末梢神経、筋肉の病気の診療を行います。
 骨折や靭帯損傷などの外傷の治療にあたります。関節や脊椎の慢性変形疾患に対しても、人工関節置換術や脊椎手術を行っています。手術に際しては関節鏡を用いるなど最小の侵襲で行うよう心掛けています。神経内科の外来を受診する患者さんの訴えに多いものは、頭痛やめまい、しびれ、運動麻痺、感覚障害、物忘れ、歩行の障害、意識の障害、けいれんなど、様々です。
 これらの症状の原因となる病気には、脳梗塞や脳炎・髄膜炎、脊髄炎、てんかん、認知症、パーキンソン病、筋炎、片頭痛など、多岐にわたります。
 神経内科の外来では、それぞれの症状の原因を、問診と診察、検査を通じて明らかにし、治療を行います。

外来担当医表

午前 9:00-12:30 麻生 泰弘
午後 14:00-17:30 麻生 泰弘

※ 神経内科は予約制となります。事前にお電話にてお問い合わせください。

医師紹介

神経内科医

麻生 泰弘